Rss

将来のユビキタスのために

linuxは今でこそマイナーなOSとしての認識がありますが、ユビキタスシステムを構築するにあたって、これほど万能なOSは存在しないと私は考えています。
linuxエンジニアに将来性は薄いと考えているかもしれませんが、クラウドシステムが飛躍的に向上したおかげで、ユビキタスを構築する段階は更に一段階進んでいると考えられます。

linuxが、パソコンの機種を選ばずにインストール可能なOSというのは常識ですが、その分難しい機器を組み込まなくても動作するのに最適なOSと考えられます。
昔は将来性の少なかったlinuxエンジニアも、今の時代だからこそ将来性がハッキリ見えていると言っても過言ではありません。
また、linuxの最大の特徴であるコマンドプロントを使っての作業というのは、WindowsやMacintoshにも通じるところがあります。すべてのOSの基礎と言われているlinuxを扱える人だからこそ、他のOSへの理解もあって当然と考えられるわけです。

そう考えると、linuxを扱えるというのは、システムエンジニアにとってはとても強い武器になると言えるのではないでしょうか。
すべてのOSの基礎を使えることと、ユビキタスの到来が目前ということを考えれば、他OSのエンジニアの方も、linuxを扱うようになるでしょう。そこで、アドバンテージがある状態で臨む事ができるのであれば、将来性は安泰と言えるでしょう。

これからlinuxエンジニアを目指そうと考えている方も、難しく考える必要はありません。使い慣れれば、linuxはどのOSよりもカスタム性に富んでいるので、思いのまま動くあなただけのマシンになるのです。まずは、使ってみるところから始めましょう。
linux用の資格もありますので、より理解を深めたいと思うのであれば、取得を考えてみてもいいでしょう。ようはコマンドプロントをどれだけ上手く使うことが出来るか というところが焦点になるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です